【Google AdSenseを極める】アドセンスの収益を上げる為におさえるべきこと(クリック単価編)

ネットで稼ぐ

Googleアドセンスの審査に通過して広告の配信が始まっても、思うように収益が上がらない、もしくは収益が下がってしまったという場合があります。

今回はGoogleアドセンスの収益について詳しく解説します。

Googleアドセンスの収益が上がらない要因はこれ

Googleアドセンスは自分のサイト、ブログ内に設置された広告がクリックされることで報酬が発生するクリック型広告収入のことです。

クリック回数×クリック単価=収益額になりますが、収益が上がらないまたは下がった要因となるのは

・クリック率が低い
・クリック単価が低い
の2つです。
 
今回は「クリック単価」に対して掘り下げていきます。

 

クリック単価に関する基本的なこと

クリック単価の平均は?

クリック単価とはCPC(Cost Per Click)とも呼ばれクリック1回あたりの広告費の金額のことです。クリック単価が低いと同じクリック回数を得ていても発生する広告収入は低くなってしまいます。

Googleアドセンスの平均クリック単価は30~40円程です。


クリック単価を高くする対策はこれ

クリック単価の高いジャンルを狙う

クリック単価は広告によっても変わりますが、自分の書いているブログのジャンルによっても単価が変わります

具体例をあげると、

・金融系(キャッシング、クレジットカードなど)
・マンションなどの不動産系
・美容・ダイエット系

などが比較的高単価となります。

大きいバナーを設置する

バナーのサイズもクリック単価に関わります。

広告バナーのサイズが大きい方が単価が高くなります
レクタングル(大)のサイズはクリック単価も高い上にクリック率も高いのでアフィリエイトでは定番となっています。

単価の増減に直結する「スマートプライシング」とは?

Googleアドセンスは広告がクリックされた後に効果を測定・数値化して評価し、それに応じてクリック単価の増減をしています。この機能をスマートプライシングと言います。

自分のサイトやブログ経由で訪れたユーザーが広告主にとって有益なほどクリック単価が高くなるという仕組みです。

クリックされたけど直帰が多すぎるなどの「成果が出ないサイト」と評価されてしまうとクリック単価が下げられます

クリック単価が平均以下のサイトや低下してきているサイトはこのスマートプライシングの評価が低下していると考えられますので、記事の内容やジャンルを改善する必要があります。

クリック単価が下がる他の要因はこれ

スマートプライシングの機能によって単価が下げられる以外にもクリック単価が下がる要因はいくつかあります。

・単価の低いジャンルを扱っている
・時期的なもの
・誤クリックされるような場所に広告を設置している

などです。
特に3番目に関しては誤クリック⇒直帰⇒無駄なクリックとして評価が下がるという悪循環が発生しますので、自分のサイトのレイアウトを見直してみてください。

高単価な広告の調べ方

Googleアドワーズのキーワードプランナーというサービスを利用して単価の高いキーワードを調べます。
Googleアドワーズは広告を出す側が利用するサービスで、検索されたキーワードに応じて広告が表示されるものです。

検索回数の多い人気の高いキーワードは広告の出稿料も高額になります。
したがってそのキーワードに関連するジャンルのアドセンスのクリック単価も高くなります。

【公式発表】CPCは出稿金額の68%

Googleは公式に「収益分配について」で
入札価格の68%の値段が実際のクリック単価となると発表しています。

ですので高単価を狙うなら、事前にキーワードプランナーで出稿料の高い人気ジャンルをリサーチしてみて下さい。

【まとめ】高単価のジャンルを狙う+誤クリックを防ぐ

Googleアドセンスの収益が上がらない、もしくは下がってしまった場合には上記の要因が考えられますので自分のサイトやブログの内容やレイアウトを見直して改善してみて下さい。

Googleにとっての優先順位は

ユーザー > 広告主 > メディア(サイトやブログ等)

ですので、むやみにクリック数を稼ごうと誤クリックが多くなるようなレイアウトにしたり、広告だらけの見にくいサイトにすると評価が下り、検索の順位もクリック単価も下がります。

その点をふまえてサイト作りを行っていきましょう。

 

 

 

コメント