【ヤフオクを極める】転売ビジネスで稼ぐ方法

ネットで稼ぐ

「ネットビジネスの王道Best5」でもご紹介した転売ビジネスの詳細を解説しました。

その中でもヤフオクに特化して解説していますが、メルカリにももちろん代用できますので参考にしてみて下さい。


ヤフオクで売れるジャンルはこれ

【まずはここから】不用品を出品する

ヤフオクで稼ごうと思った際にまず初めに取り組むべき基本中の基本のジャンルが「不用品販売」です。

家にある不要な品物を出品するので仕入の資金がまったくかからない上に家の整理も出来てヤフオクのノウハウも知れる。さらにはお金も入るという良い事ずくめの方法です。

ただし、家にある不用品なので継続性は低くビジネスとは言えません。

ブックオフ等で仕入れた本やDVDを出品する

ブックオフなどの中古品販売店で本やCD、DVDなどを仕入れて出品します。
コミックスの全巻セットや限定品だと比較的高値で落札されることがあります。

「せどり」と呼ばれる手法です。
オークファンや専用のアプリなどで落札価格を調べて差額の大きいものを狙います。

しかし余程レアなものか、たまたま欲しい人が重なって競り合わない限りはそこまで差額が発生しないので、手間と時間に見合った収益が生まれるとは言い難く、あまりおすすめできません。

海外から仕入れて出品する

海外でしか売っていない物や国内と海外で差額が大きい物などを仕入れて出品します。

主にeBayや海外のAmazon、日本への発送してくれるセレクトショップなどで仕入れます。
円高であればあるほどお得に仕入ができます。

言葉が分からなくても翻訳機能があればだいたいのサイトで買い物をすることは出来ますが、やはり中には詐欺的なサイトもありますのでショップ選びは慎重に行って下さい。

まとめて購入した商品を個別で出品する

まとめ買いで安く購入した商品を1つずつ個別で出品します。

ヤフオクでまとめて出品されているものは比較的安く落札できるので、落札したものを個別で出品するのですが、中古品は状態によって価格がからり変動しますので見極めが大事です。

新品を狙うなら実店舗のセールを活用したりネットの卸業者から仕入れたりする場合もあります。

限定品・コラボグッズを出品する

アーティストやアニメ等の限定品や企業とのコラボグッズを仕入れて出品します。

コンサート会場限定品や地域限定品などは購入できる人が限られていますので欲しい人が高値で落札する可能性があります。

最近は転売目的の「転売ヤー」お断りの会場やお店もありますので気をつけましょう。

自分で制作した物を出品する

ハンドメイド品DIYで作ったもの、プラモデルなどを組み立てて完成品にした物など、自分で制作した物を出品します。

よっぽどの技術がないと高額での落札は難しいかも知れませんが、デザインや完成度でファンを作れば趣味と実益を兼ねることができます。

ゲームのアカウントを出品する

スマホやオンラインゲーム等のレベルアップされたアカウントやレアなアイテムを出品します。

アカウント管理の対策が厳しくなり、他人への譲渡が難しくなっており、現在はあまりおすすめできない手法です。

自分のスキルを出品する

自分の趣味や特技などのスキルを商品化して出品します。

「○○の企画書作成します」や「似顔絵描きます」「子供の描いたイラストをぬいぐるみにします」などです。

アイデアとスキル次第で可能性は広がりますが、ヤフオクのユーザーが求めているものとマッチするかがネックになります。

別のネットビジネスの手法の「タイムチケット」と併用すると良いと思います。

情報商材を出品する

アフィリエイトの一種で、情報商材をヤフオクで売ってその成果報酬として広告費を得ます。

ほとんどの場合、出品しても売れませんのでおすすめしません。

ドロップシッピングの商品を出品する

ドロップシッピング(無在庫で販売可能で発送までしてくれるサービス)の商品を出品します。

業者が提供する画像を使用できるので在庫を持たなくても良い・自分で撮影しなくても良いというメリットがありますが、強力なライバルがすでにいるため有利な条件での仕入れができないのがデメリットです。

ちょっと変則的な使い方

ここからはちょっと変わったヤフオクの活用法をご紹介します。

ヤフオクからブログやサイトに集客する

ヤフオクを集客の場として活用して自分のブログやサイトに誘導します。

ヤフオク自体に集客力がありますので、そこで商品説明欄に自分のブログやサイトのリンクを貼り集客し、広告費や商品販売につなげます。

ヤフオクの規約に違反する行為や悪質な行為は通報されてアカウントの凍結になるので、規約に沿った行動を行って下さい。

ヤフオクで仕入れてAmazonで売る

ヤフオクとAmazonの販売価格の差を狙った手法です。

商品によってはAmazonよりもヤフオクの方が相場が安い場合があります。Amazonで値段設定が高い商品をヤフオクで落札しAmazonに商品登録して差額を得ます。

出品代行をする

商品画像の撮影や説明文の作成、出品から落札者とのやり取り・発送までを代行して、落札金額の数~数十%を手数料として得ます。

安定して出品代行の依頼を得るためには営業や宣伝が必要になりますが、ビジネスとして作っていきやすい手法ではあります。

 

【まとめ】細々した作業が多いので効率化がカギ

今回は転売ビジネスで稼ぐ手法としてヤフオクで売れるジャンルをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

 

ヤフオクに出品するには落札価格のリサーチから始まって撮影、出品準備、落札者とのやり取り、発送作業、など細々とした作業が多いです。

不用品を出品する程度であれば「安くても不要なものが処分できておこづかいもできた」となるかも知れませんが、大きく稼ぐ為には商品数も多く必要になり、作業量も膨大になります。

ビジネスとして成り立たせるためには全ての面で作業の効率化ができるかどうかがカギとなります。継続的で安定的な仕入れ・出品・発送ができて初めてビジネスと言えます。

 

とは言え「習うより慣れろ」とも言いますので、まずは身の回りの不用品を出品するところから始めて慣れることをおすすめします。

 

 

 

 

コメント