【趣味を活かして稼ぐ】写真で稼ぐ方法

ネットで稼ぐ

自分で撮った写真が売れる?

皆さんは写真はよく撮る方ですか?

「カメラが趣味です」という方じゃなくても、携帯電話やスマートホンについたカメラで日常の様々な風景や人物の写真を撮る機会はたくさんあります。

今回は自分で撮った写真で収益化するにはどうしたらいいのかを解説します。

今はスマートホンに装備されているカメラも大変高性能・高画質なので高価なカメラを持っていなくても誰でもできますので参考にしてみて下さい。


【結論から言います】写真で稼ぐにはリサーチとブランド化がポイント

結論から申しますと、写真で稼ぐためにはある程度のリサーチとブランド化が必要になってきます。
と言うのも、価格に関係なくわざわざお金を出して買うということは「なぜその写真を買うのか?」という点を押さえないと売れません。

自分が撮った写真がどんな場面で使われるのかを想定して、自分の色を出すことがカギです。


写真の収益化の手法はこれ

写真を収益化する具体的な手法はこちらです。

商品にして売る(カレンダー、ポストカード、写真集)

撮った写真をカレンダーやポストカードなど商品に加工してネットショップ、ヤフオク、メルカリ等で販売します。カレンダーなどに加工してくれるサービスはネットで簡単に見つかります。

中にはTシャツにプリントしてオリジナルのグラフィックTシャツブランドを作っている方もいます。

写真素材として売る

フォトストックのサービスに登録し写真素材として収益化します。

フォトストックのメジャーなサイトは

・Shutter stock(シャッターストック)
・Adobe stock&fotolia(アドビストック&フォトリア)
・PIXTA(ピクスタ)

です。

クラウドソーシング・タイムチケットで撮影・加工を受注する

クラウドソーシングサイトで写真撮影・加工に関する案件を受注したり、タイムチケットで写真撮影のチケットを販売します。

単純な撮影、加工なら受注金額は少額になりやすいですが、特殊な加工やデザインが可能であれば単価をあげられるチャンスです。

アフィリエイト

写真や加工のコツなどに関するブログを書いてアフィリエイトで広告収入を得ます。

アフィリエイトの広告にはカメラ、フォトストックサービス、プリントサービスなどの業種もあるため、記事と広告の関連性の高い分、成果が上がりやすいといえます。


リサーチとブランド化とは?

結論として先に申し上げましたが、収益化のカギはリサーチとブランド化です。

このことについて解説します。

写真が使われる場面をイメージ

一言で写真と言っても人物、動物、静物、建物、自然風景など様々な体操があります。
何を撮れば良いかには正解はありません。

誰が、どんな場面で使用するのかを想定して選択して下さい。

まずはフォトストックサービスのサイトなどを覘いてみて人気の高い写真はどんなものなのかリサーチしてみて下さい。

あるジャンルに特化した方が賢明

プロのカメラマンの方でも得意な方向性というものがあり、各ジャンルにそれぞれトップカメラマンと呼ばれる人がいます。

ですのでむやみやたらに行動するのではなく、自分の好きなジャンル、得意なイメージを作ってその作風を極めるという考えで取り組んだ方が賢明だと思います。

ブランド化という言葉を使いましたが、独自の作風ができてくると自然と認識されて来ます。

「このジャンルの写真ならこの人」と言われるように磨いて下さい。

加工アプリを味方に付ける

ブランド化にも関係することですが、撮影した写真そのままを使用するよりも加工してより雰囲気を加えた方が良い場合があります。

背景を少しぼかす・色合いをより鮮明にする・大胆に合成して世界観を強調するなど、加工の度合いでまったくイメージの違った作風になります。

今は簡単で本格的に見える加工アプリやソフトがあるので、それらを活用して作風を磨いて下さい。

【まとめ】趣味や旅行のついでで気楽にやってみるのがおすすめです

写真で稼ぐ手法について解説しましたがいかがでしたでしょうか?

正直なところ、大きく稼ぐのはなかなか難しい手法ではあると思います。

ですがこの手法の利点は自分が普段生活している中の風景や旅行に行った先で、絵になる場面が見つかったらついでに撮影することが可能な点です。

なので、がっつり稼ぐと言うよりもおこづかい稼ぎができたらいいなくらいの軽い気持ちで始めてみるのがおすすめです。

ですが、インスタやツイッターから話題になって写真集や作品集の出版まで行った方もいますので、楽しみながらチャレンジしてみましょう。

コメント