【クラウドテック】自分に合った高単価の案件を紹介してくれるキャリアサポート

ネットで稼ぐ

クラウドテックとは?

フリーランスの方や副業をしている方なら誰もが知っているのがクラウドワークスです。実際に利用された方も多いのではないでしょうか?

クラウドテックはクラウドワークスが運営するキャリアサポートサービスです。

今回はクラウドテックのサービス内容やクラウドワークスとの違いを解説します。

フリーランス案件紹介サービス【クラウドテック】

【結論から言います】クラウドテックは高単価案件を効率よく受注できる=高収入が実現できる

先に結論から申しますと、ある程度のスキルがある方であればクラウドワークスよりもクラウドテックのほうがおススメです。

と言うのも、クラウドテックはクライアント(依頼者)の希望とワーカー(受注者)の希望をマッチングして紹介してくれるので間のやり取りに時間や労力を割かれずにすみます

結果として作業に集中でき、高単価の案件を効率よく受注・納品できるので高収入を得ることが可能になります。

 

それでは結論に至った詳細を解説していきます。

 

クラウドテックはクラウドワークスが運営するキャリアサポートサービス

冒頭でも書いたようにクラウドテックはクラウドソーシングサイトの最大手クラウドワークスが運営するキャリアサポートサービスです。

どちらも外注先を探したいクライアント(依頼者)と仕事を請け負いたいワーカー(受注者)をつなぐサービスです。

クラウドテックとクラウドワークスの違いは?

クラウドテックとクラウドワークスとの違いはキャリアサポートがあるか無いかです。

 

突然ですが、みなさんはクラウドワークスを利用されたことはありますか?
クラウドワークスは大変便利ですばらしいサービスなのですが、クラウドワークスに登録して実際に案件を受注するまでに結構面倒だと思ったことはありませんか?

特に、ある程度単価の良い案件を受注しようと思うとライバルもいます。複数の受注申請が重なった場合、どの受注者に仕事を依頼するかはクライアントが決定しますが、クライアントは受注者を選定するプロではないのでその案件が自分の得意分野だったとしても自分が受注できるとは限りません。

クラウドワークス内での実績が少なければなおさらです。

PR不足だと言ってしまえばそれまでなのですが、「請け負いたい仕事を探す→受注決定」までのやり取りが結構面倒に思います。
残念なことに受注できなかったら全てが無駄に終わってしまいます。

 

話が長くなってしまいましたが、キャリアサポートというのは「仕事を探す→受注決定」までのやり取りを行ってくれるサービスです。

専任のサポーターがついてくれるので自分の得意分野・条件に合致した案件を選んで紹介してくれます。

フリーランス案件紹介サービス【クラウドテック】

クラウドテックの募集案件事例

実際に募集されている案件をいくつかご紹介します。

例①【React/週3日~/五反田】toB/toC向け自社プロダクトのフロントエンド開発業務案件  525,000~675,000円/月
例②【Illustrator/Photoshop/週5日】大手ショッピングセンターWebサイトリニューアル、運用案件  450,000~525,000円/月
例③【Photoshop/Illustrator】某端末アプリケーション内画面デザイン+週3日OK  480,000~640,000円/月

※詳細はクラウドテックのサイトでご確認ください。

求められるスキルや内容にもよりますが比較的報酬額が高い案件が多数あります。

不安な方は業界未経験でもOKな案件も多数ありますので絞り込んで探してみて下さい。

【まとめ】ある程度のスキルがある人にはクラウドワークスよりもおすすめです

専任のキャリアサポーターが付きクライアントとのマッチングをしてくれるので余計な労力が省けて仕事に集中できます。

時短ができる・時間効率が良くなる
   ↓
ストレスがなくなる
   ↓
作業に集中できる
   ↓
結果高単価の案件を多数こなすことができる
   ↓
高収入が可能になる

といったサイクルができますので、専門的なスキルがあってたくさんの案件をこなしたい方にはクラウドワークスよりもクラウドテックがおすすめです。

もちろんどちらにも登録してどちらの案件もバリバリこなすのもおすすめです。

ぜひ一度クラウドテック のサイトをのぞいてみてください。

 

コメント