【初心者必見】仮想通貨を始めたい|金融庁認可の取引所おすすめランキング

投資で稼ぐ
仮想通貨取引所おすすめランキング

仮想通貨取引所を選ぶポイント

仮想通貨を始める際にまずどの通貨をどの取引所で売買するのかを決めなければいけません。取引所を選ぶポイントをまとめました。

①運営母体はどこか?認可は受けているか?

これから自分が口座を作る仮想通貨取引所が信頼できる取引所なのか?資産を安心して預けることができるのかは取引所を選ぶ上でかなり重要になってきます。

サイトを確認し、代表者や運営母体が信頼できるところなのかをチェックしましょう。
また、取引所を運営するには金融庁の許認可が必要です。
仮想通貨交換業者登録が行われている正規の業者かどうか確認して下さい。

②取り扱い通貨の種類

国内で取引できる仮想通貨は15種類あります。
取引所によって取り扱う通貨の種類が異なります。
自分が取引をしたい通貨の取り扱いがあるかどうかを確認して下さい。

③各種手数料

取引所は手数料が非常に安価であるとはいえ、取引所によってかかる手数料の金額や種類が異なります。

特に短期でトレードを繰り返す場合は取引ごとに手数料がかかるため利益を圧迫することもあります。
他にも入出金手数料や口座維持手数料などがかかる取引所もありますので売買手数料だけではなく総合評価で判断してください。

④取引所か販売所か?

仮想通貨を売買できるのは仮想通貨取引所販売所の2種類があります。

取引所と販売所にはそれぞれ特徴があり、取引方法や手数料などに違いが有ります。詳しくは後述していますので参考にして下さい。

⑤出来高

その取引所でどれくらいの出来高(取引高)があるのかも重要なポイントです。取引所ではユーザー間の売買になるので出来高が低いと希望の金額やタイミングで売買ができないこともあります。

⑥取引所のセキュリティーや補償

これまで仮想通貨のニュースがよく出たのはマウントゴックス社やコインチェックでの不正流出の事件ではないでしょうか。一般の人にとってはこの事件で仮想通貨の知名度が一気に高くなってしまったため、詐欺や損害など負のイメージを持つ人も少なくないでしょう。

これらは仮想通貨自体のシステムに問題があったのではなく、仮想通貨を取り扱う取引所のセキュリティーに問題があったために起こった事件です。

ですので、その取引所のセキュリティーが安全なのかが重要になります。とはいえ、セキュリティーの良し悪しを判断するのは難しいので、金融庁の認可を受けた正式な取り扱い業者なのか、また、万が一が起こった場合にどのような補償がなされるのかを確認して下さい。

 

 

取引所と販売所の違いは?

仮想通貨を購入する場合、仮想通貨取引所または仮想通貨販売所を通じて購入します。

取引所と販売所の違いや特徴をまとめました。

・取引所=その取引所を利用するユーザー同士が通貨を売買する
・販売所=販売書が所有している通貨で販売所と売買する
 
 
取引所のメリット
・売買手数料が非常に安いまたは無料
・取引所によってはマイナス手数料を設定しているところもあり、マイナス手数料の場合は売買すると手数料がもらえる

デメリット
・取引所を利用しているユーザー間での売買のため、大口の注文の場合や板が薄い場合には希望の金額やタイミングで約定できない場合がある。
 
 
販売所のメリット
・販売所が提示している金額で売買できるため大口の注文でも希望の金額で売買が可能
・即座に売買ができる

デメリット
・スプレッド(売値と買値に差額)がある

スプレッドは通貨の種類と販売所によって設定が異なります。
自分が取引したい通貨や売買スタイルによって判断して下さい。

 

仮想通貨取引所おすすめランキング

上記のポイントを比較した上でおすすめの取引所を独自にランキングしました。
すべて金融庁認可の正規の取り扱い業者です。
選ぶ際の参考にしてみて下さい。

【1位】DMMコイン

【2位】bitbank(ビットバンク)

【3位】coincheck(コインチェック)

【4位】GMOコイン

【5位】bitFlyer(ビットフライヤー)

 

【まとめ】迷ったらキャンペーンを活用してお得に始めてみては?

今回は仮想通貨の取引所おすすめランキングをまとめました。

各取引所の特徴はそれぞれですが、これから仮想通貨を始める方にとっては結局どこの取引所が良いのかなかなか決めかねると思います。

そういう場合はいくつか口座開設をしてみて使い勝手を確かめてみるのも手かと思います。

中には新規口座開設キャンペーン等でキャッシュバックがあったり仮想通貨プレゼントをしている取引所もあるので、この機会に登録だけでもしてみてはいかがでしょうか?

何事も知識・情報の理解→実践→改善の繰り返しです。

気になっているならとりあえず(死なない程度に)やってみるぐらいの軽いフットワークで挑んでみてはいかがでしょうか?
「挑戦なくして成功なし」です!

 

 

コメント