【YouTubeで稼ぐ】どんなジャンルの動画が稼げる?

ネットで稼ぐ

どんなジャンルの動画が稼げる?

YouTubeで稼ぎたい!と考えた時に最初に浮かぶのは「どんな動画を出せば人気が出るの?」という疑問です。

再生回数や急上昇する動画には様々なジャンルのものがあり一概にこのジャンルの動画が人気が出やすいといった単純なものではありません。
かといってただペットの動画を編集して流していても再生回数は全く伸びません。

ではどんな事を基準に動画のジャンルを決めればいいのか?という疑問を解くポイントを解説します。

多くの人が興味を持つジャンルか?

そもそもの規模(興味を持つ人数)が大きいことが条件

自分がそのジャンルに関してどんな「面白さ」が提供できるか?

好き・詳しい・タメになる・マネしてみたい・癒されるなども「面白さ」の一部

YouTubeで広告が配信される条件と流れ

アカウント作成
 ↓ 
動画投稿
・チャンネルの過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間
・チャンネル登録者数
 ↓ 
YouTubeパートナークラブへ参加申し込み
 ↓
YouTube側が審査
・動画の内容が規約違反していないか
 ↓ 
広告配信開始

という流れになります。
規約違反は審査時はもちろん収益化の条件が達成された後にも随時チェックされています。規約違反が確認された場合違反の程度にもよりますが、動画の削除・アカウントの停止が起こります。

今回の記事は「どんなジャンルの動画にすればいいか?」を決める時のチェックポイントを解説するための内容なので規約の細かい内容は省きますが、せっかく作った動画がそもそも規約違反の内容だったら広告配信は永遠に不可能なので、最低限の基礎知識として持っておくべき規約違反の内容だけを説明しておきます。

規約に違反するのはどういう内容?

広告配信の審査基準(再生回数回以上・チャンネル登録者数人以上)に達し、パートナークラブへ登録すると自動的に審査対象になり、YouTube運営側の審査が行われます。
審査の主な目的は動画の内容がYouTubeの規約に違反していないかをチェックされます。

YouTubeの規約違反になる内容は


・著作権違反
・誹謗中傷、差別的内容
・詐欺、犯罪またはそれを助長するもの
・アダルト系、ポルノ系

これらの内容は規約違反になります。

最低限このことを知っておかないといくら考えて時間を割いて制作した動画だったとしても1円も稼いでくれません。

動画の内容を考える時に自問すべきこと

どんな人にどんな内容を与えたいのか?

テーマやコンセプトの部分です。難しく考える必要はありませんが、
「車中泊に興味のある人」に向けて「車中泊するための車内のカスタム」や「車中泊で過ごしている様子」などを紹介する動画

などターゲットと内容を明確にすると企画がしやすく、ジャンルとして適しているかどうかの判断もしやすいのではないでしょうか。

・それに興味があるのは自分だけ
・どんなジャンルにもモンスターはいる
・そのジャンルで100本以上の動画を作り続けることができるか?

コメント