【パソコン初心者にもわかる】人気動画編集ソフト AviUtl の使い方|ダウンロード編

ネットで稼ぐ

AviUtlの使い方【AviUtl本体と必須プラグインのダウンロード&インストール】

AviUtlのダウンロード方法と手順

①AviUtl本体と拡張編集プラグインをダウンロード

「AviUtlのお部屋」にアクセスし、「aviutl100.zip」「exedit92.zip」をダブルクリックしてダウンロードする

AviUtl本体と拡張編集プラグインがセットでダウンロードできる「Omake」というファイルがありますが、AviUtlのバージョンが古いので最新版を個別にダウンロードすることをおススメします。

②ダウンロードしたファイルを解凍する

先ほどダウンロードした「aviutl100.zip」「exedit92.zip」は圧縮ファイルなので解凍をします。

PCの「ダウンロード」にある「aviutl100.zip」上で右クリック。出たメニューから「すべて展開」をクリック

aviutl100.zipを解凍する

exedit92.zipを解凍する

「exedit92」フォルダ内のすべてのファイルを「aviutl100」フォルダに移動する

これでOKです。aviutlフォルダは移動させてもOKですので必要な場合は管理のしやすい場所に移動します。

AviUtlを起動する方法

AviUtlを起動するときはaviutlフォルダ内の「aviutl.exe」をダブルクリックします。

最低限必要なプラグインをダウンロードする

動画編集するにあたって最低限必要なプラグインをダウンロードしておきます。

・入力プラグイン「L-SMASH Works」
・出力プラグイン「x264guiEx」

入力プラグイン「L-SMASH Works」

AviUtlはデフォルトでは avi/jpg/wav ファイルしか読み込むことができませんので他のファイル形式のデータを読み込むためのプラグイン「L-SMASH Works」を導入します。

L-SMASH Worksで読み込み可能なファイル形式
動画
.mp4
.flv
.mov
.wmv
.asf
.mkv
.webm
.mpg
.m2ts・ts
音声
.mp3
.ogg
.wma
.m4a(ALAC,AAC含)
.flac
.aif
.aac

動画・音声ファイルのほとんどが読み込み可能になります!

「L-SMASH Works」のダウンロード方法

aviutlフォルダ内に新規フォルダを作成し名前を「plugins」にする。(名前の間違いに注意してください)

pop@4bit にアクセスし「L-SMASH Works r921」をダブルクリックしてダウンロードする

ダウンロードしたzipファイルを展開し、「lwcolor.auc」「lwdumper.auf」「lwinput.aui」「lwmuxer.auf」の4つのファイルを先ほど作成した「Plugins」フォルダ内に移動する

AviUtl側で必要な設定をする

上記の手順でダウンロードが完了したらAviUtl側の設定をします。

「メニュー」→「ファイル」→「環境設定」→「入力プラグインの優先度の設定」を開く

L-SMASH Worksが一番下に表示されていればOKです。もし表示が一番下でない場合はL-SMASH Worksを選択して「下に移動」ボタンで移動させてください。

出力プラグイン「x264guiEx」

出力も同様にデフォルトでは avi形式のみの出力になりますので「x264guiEx」を導入します。
「x264guiEx」は動画をmp4(h264)形式で高画質かつ低容量で簡単に出力できるプラグインです。

「x264guiEx」のダウンロード方法

「rigayaの日記兼メモ帳」にアクセスし右サイドバーにある「x264guiex」のリンクをクリック

リンク先の「x264guiEx_X.XXvX」というファイルをダウンロードする

ダウンロードした「」に矢印を合わせ右クリックし「すべて展開する」をクリック

ファイル内の「auto_setup.exe」をクリックして実行

黒いウィンドウが表示されます(数分かかる場合があります)

aviutl100フォルダを指定して「次へ」をクリック

「x264guiEx.auoのインストールが完了しました」の表示が出るのを確認して「終了」をクリック

AviUtl側で確認

AviUtlを起動し「x264guiEx」が正常にインストールされているかを確認します。


「メニュー」→「ファイル」→「プラグイン出力」→「拡張 x264 出力(GUI)Ex」を選択しビデオ圧縮画面を開く

画像の箇所が空欄じゃなければOKです!


以上で動画編集に必須のプラグインのダウンロード&インストールは完了です。
(機能の説明や詳しい使い方は別の記事で解説します。)

あとはAviUtlの初期設定をすればすべての準備が整います。
もう一息ですので頑張りましょう!

コメント