【無在庫販売で稼ぐ】ドロップシッピング対応の卸サイトおすすめランキング

ネットで稼ぐ

無在庫販売/ドロップシッピングとは?

無在庫販売とドロップシッピングは同義語です。

無在庫販売とは在庫を持たない状態で商品を出品し、受注があった場合に商品を仕入れて発送、もしくはメーカーから注文者に直送する販売方法です。

商品画像や説明文はメーカー側が用意した画像や文章を使用することで商品を事前に購入することなく商品ページを作成し出品できます

また、注文が入ったら1点から梱包・発送してくれるので時間や手間がかからず他の業務に集中できます。

ドロップシッピング対応の卸業者かどうかはここをチェック

ネットの卸サイトには実店舗での販売を前提とした有在庫販売の店舗向けの卸サイトもあります。利用したいと思っていた卸サイトがドロップシッピング対応可能な卸サイトかどうかを確認する必要があります。

・顧客(エンドユーザー)への直送
・商品画像の使用

以上の点がOKであればドロップシッピング対応可です。

メーカーによって条件が異なる場合もある

卸サイトにはたくさんのメーカーが集約している場合があり、メーカーによってそれぞれ条件が定められている場合があります。

・オークションへの出品はNG
・最低購入金額や個数
・発送までの日数
・支払い条件

これらをしっかりと確認しておかないとトラブルの原因になってしまうので注意しましょう。

ドロップシッピングのメリット・デメリット

 
ドロップシッピングのメリット
・初期費用が少額でネットショップを開店できる
・仕入資金がなくても商品数を増やせる
・在庫保管の倉庫等がいらない
・契約によっては後払いが可能(売上金で支払いが可能になる)
・梱包、発送まで業者が対応してくれるため時短が可能で副業にも適している
ドロップシッピングのデメリット
・商品の差別化がしにくい
・送料設定が自由にできない
・卸価格で有利に仕入れられない
・薄利になりがち

 

ドロップシッピングをするならショップとしての付加価値の演出が必要

ドロップシッピングは便利ですが、大量に仕入れる場合等と比べると卸価格で勝てないことがほとんどです。そのため、低価格で販売しようとすると利益が出せません。物によっては赤字になる場合もあります。

ドロップシッピングできちんと利益を出すためには、このお店で買いたい・買ってよかったと思ってもらえる付加価値を演出することが必須です。

ショップのデザインや対応・商品説明などに工夫をこらし、顧客にとって信頼できるショップをつくり同じ商品でも最安価格ではなくても買ってもらえる存在になれば、利益をきちんと出すことができます。

商品画像や商品管理の手間が省ける分、ここに注力しましょう。

 

ドロップシッピングに特化したおすすめ 卸サイト

orosea(オロシー)

・商品ジャンル:アパレル、美容、ファッション、自転車、イベントグッズなど
・エンドユーザーへの発送:OK
 (商品によってはNGの物もあり)
・画像の使用:OK
・オークションサイトでの販売:OK
・会費:無料

ドロップシッピングに特化した卸サイトなので画像の使用やエンドユーザーへの直送はもちろん、返品対応なども安心です。

 


勝てるネット仕入れ《オロシ─》【orosea】
売れる商品を仕入れて売上UP♪
楽天ランキング1位商品多数あり♪
美顔器・ヘアアイロン・レッグマシーンなど話題の商品も♪

 

TopSeller(トップセラー)

・商品ジャンル:アパレル、カー・バイク用品、自転車、バス・トイレ用品、家電、ホビー、スポーツ・レジャー用品、工具、食品など
・エンドユーザーへの発送:OK
・画像の使用:OK
・オークションサイトでの販売:OK
・会費:無料で会員登録可能だが基本的には480円/月~
  (取り扱える商品数によって料金が変わる)

TopSeller(トップセラー)ドロップシッピング大手のもしもドロップシッピング系列のサイトです。取扱商品の幅広さはトップクラスです。
もしもドロップシッピングは独自のネットショップでしかはんばいできないのですが、TopSellerは楽天、Yahoo!ショッピングなどのショッピングモールやオークションサイトでの販売が可能です。


ネットショップやるならTopSeller

 

【まとめ】複数の卸サイトに登録して品揃えを充実させよう

ドロップシッピングは在庫を持たずにネットショップができる便利なサービスです。
記事の途中でも書いたようにこの店で買いたいと思わせる何らかの「付加価値」を演出しなければ価格競争に負けて売れないということになってしまいます。

実店舗なら多少高くても移動するのが面倒だからと近くのお店で買い物をすることもありますが、ネット上では移動するのは一瞬なので価格で勝負したショップが多くなるのは事実です。

ですが、独自店舗でもモールに出店している店舗でも、同じ商品が最安ではない店舗で売れているという事実もあります。

そういった店舗は

・集客
・店のデザイン
・顧客対応
・リピーターにするための施策

などでお店のファンになってもらうための努力や工夫をしています。

時短できる分をお店のファン作りに費やすことが売上アップの近道です。

無料(またはほぼ無料)で始められる無在庫販売(ドロップシッピング)。気になった方は会員登録をしてどんな商品があるのかのぞいてみてはいかがでしょうか?

 

コメント