【市場概要】5/22(水)の市場の動きと要因まとめ&5/23(木)の見通し

投資で稼ぐ

 

5/22(水)の市場の動きと要因まとめ

①ドル/円 頭打ち

・日本の4月貿易収支(通関ベース)が市場の予想を大幅に下回る
 予想=2327億円の黒字→実際=604億円の黒字
 (輸入が予想以上に伸びる+輸出が予想以上に減少)

②ドル/円、豪ドル/円で円買いが一時優勢に

・米紙報道「トランプ政権がハイクビジョン(中国の監視カメラ最大手)への米技術流出の制限を検討」→米中貿易戦争への懸念により対豪ドルを中心に円の買いが一時優勢になる

③ポンド

英4月消費者物価指数、生産者物価指数が予想を下回る
・消費者物価指数 前月比+0.6%(予想=+0.7%)、前年比+2.1%(予想=+2.2%)
・生産者物価指数 前年比+2.1%(予想=+2.3%)

④ポンド下値を切り下げのちに買い戻し

ブレクジットに関するメイ英首相の協定案への反発が広まる→ポンドが下値切り下げ
英与党・保守党の議員組織「1922委員会」が首相と会談し、現時点で対人を要求しないことを決定→ポンドが買い戻される

⑤利下げは期待できないもドルへの反応は小さい

FOMC(米連邦公開市場委員会)議事録が公開
・「多くのメンバーはインフレの低下は一時的との認識」
・「当面の間金利変更に対する辛抱強い姿勢が適切と判断」
→利下げを期待させる見解はなかったがドルの反応は少ない

今日5/23(木)の見通し

ドル/円

FOMC議事録の内容からメンバーがインフレの鈍化は一時的との認識で利下げは眼中にないと見られる。米長期金利の低下余地もドル/円の下値余地も大きくない。

また、110円割れの買い意欲が健在であることから日足一目均衡表の転換線の109.85円前後が下値のメドと予想される。

本日の経済指標など発表予定(重要度の高いもののみ)

16:30~ 独5月製造業PMI速報値
17:00~ 独5月IFO企業景況感指数
※    欧州議会選挙(~26日)

コメント