【市場概要】6/10(月)の市場の動きと要因まとめ&6/11(火)の見通し

投資で稼ぐ

6/10(月)の市場の動きと要因まとめ

◆ 6/10(月)のチャート(30分足)◆
※縦の赤いラインは日本時間午前6時~翌朝6時の位置です
ドル/円ユーロ/ドル
ポンド/ドル豪ドル/ドル

①明けから円売り活発化

・アメリカがメキシコに対する関税の発動を無期限に停止
 →対円が前週末の終値を上回る水準でスタート
  円売りが活発化した

②貿易収支の予想を上回るも反応は薄い

・中国5月貿易収支 416.5億ドルの黒字(予想223.0億ドルを大きく上回る)
 輸出 前年比 +1.1% (予想 -3.9%に反し伸びた)
 輸入 前年比 -8.5% (予想 -3.5%以上に落ちた)

 →市場の反応は薄い

③ポンド売り一時強まる

・英4月鉱工業生産 前月比 -2.7% (予想 -1.0%を下回る)
 英4月国内総生産(GDP) 前月比 -0.4% (予想 -0.1%を下回る)

 →ブレグジットを控え自動車メーカーの多くが生産を控えた影響

④一時円が買われる

・トランプ大統領
 →習中国国家主席が大阪サミット(G20首脳会議)での会談に応じない場合新たな対中関税を発動する考え
 →一時円が買われた

⑤リスクオフで一時円買いに傾く

・NYマンハッタンの高層ビルにヘリが衝突したとの報道
 →テロへの懸念から一時円買いが強まる
 →後に単なる操縦士のミス(着陸失敗によりビルの屋上に墜落)と報道
 →テロへの懸念がなくなり円買いは収束

今日5/24(金)の見通し

メキシコに対する関税無期限停止の好感で世界的に買うかが上昇するも、
トランプ大統領が今月内に米中首脳会談が実現しない場合、中国からの全輸入品に関税を課す「第4弾」を直ちに実施する考え
を示し伸び悩む。

本日の予定・経済指標発表など(重要なもののみ)

・英 2~4月失業率
・英 2~4月週平均賃金

・米 5月生産者物価指数(前月比、前年比)
・米 5月生産者物価指数・コア(前年比)

コメント