【市場概要】6/11(火)の市場の動きと要因まとめ&6/12(水)の見通し

投資で稼ぐ

6/11(火)の市場の動きと要因まとめ

◆ 6/11(火)のチャート(30分足)◆
※縦の赤いラインは日本時間午前6時~翌朝6時の位置です
ドル/円ユーロ/ドル
ポンド/ドル豪ドル/ドル

①日経平均プラス圏に→円売り優勢

・日経平均株価が小幅安のスタートからプラス圏に持ち直す
→円売り優勢に。ドル/円、ユーロ/円などクロス円が上昇した。

②ポンド上昇

・英5月雇用統計
 失業保険申請件数 前月比 2.32万件増(前回 1.91万件)
 失業率 3.1%(前回 3.0%)

・英2-4月ILO失業率 3.8%(予想通り)44年ぶりの低水準を維持
     週平均賃金 前年比 +3.1%(予想 +3.0%)

→ポンドが上昇

③米ドル

・米5月生産者物価指数 前月比 +0.1% 前年比 +1.8%

④ドル売り/ユーロ買い

・トランプ大統領@Twitter
→「ユーロなどの通貨がドルに対して安く誘導されている。米国は大きな不利益を被っている」
 「米政策金利は高すぎる。馬鹿げた量的引き締めに追い打ちをかけている。彼らは全く分かっていない」

→ユーロ買い/米ドル売りの場面

 

今日6/12(水)の見通し

6/11のドル/円は5/31以来の高値をつけたものの、その後は伸び悩んだ。
アジアや欧州市場で株価が上昇する中、上値を伸ばし一時108.80円まで上昇もNY市場で失速した。
米国株が反落すると108.40円台に戻された。

ドルの上値が重く109円台を超えるには20日移動平均線がレジスタンスとして意識されそう。

本日の予定・経済指標発表など(重要なもののみ)

・中国 5月消費者物価指数(前年比)、生産者物価指数(前年比)

・ユーロ圏 ドラギECB総裁 講演

・米 5月消費者物価指数(前月比)
・米 5月消費者物価指数(前年比)
・米 5月消費者物価指数・コア(前年比)

コメント