【凡人でも成功する方法】ルーティンが持つすごい効果

思考・観点

【凡人が成功するための方法】良いルーティンに則った行動が成功へのカギ

皆さんは学生時代の成績はどうでしたか?
私は田舎の進学校に進学する程度には成績が良い方でした。

しかし社会に出て自分も含め色んな人の行動と結果を見てみると頭の良さ=偏差値の良さではないことがわかります。

頭の回転が速い
機転が利く
人を動かすのがうまい
問題解決力が高い
多動力がある

結果を出している人には上記のような点が優れていることが多いように思います。

私は学校の勉強は理解が速い方でした。が、私は機転が利く方ではありません。というよりぜんぜん利きません(泣)。

学校の勉強は教科書の順番通りに勉強すれば順序良く進めていくことができますし、テスト範囲もあらかじめ決まった範囲から出題され、それまで習った中に問題を解くカギが必ず含まれていました。

ですが実社会ではある程度の規定はあっても問題・課題を自分から見つけ出し、解決方法を模索し、人と協力して解決することが必要になります。

解いた答えが正解だったのか不正解だったのかすぐにはわからないことも多いです。

論理的思考
直観的感覚

どちらも優れてはいません。

そんな凡人中の凡人が成長・成功するには「ルーティン」が必要不可欠なようです。ルーティンの重要性を解説します。

自分にはセンスがない
何がわからないかがわからない
悩んでばかりで動けない

という方に参考になれば幸いです。

ルーティンとは?

ルーチン、ルーティン、ルーティーン (routine) とは、決まり切った手続きや仕事の事。日課。定常処理。

ルーティンとは時間・行動・手順などをあらかじめ決められたルールや法則に則って行うことです。
スケジュールや計画と似ていますが、時間や手順など対象が詳細に関する場合が多いことや法則化することに重点が置かれていることが特徴です。

ルーティンが目的達成に強い理由

良いルーティン・悪いルーティン

ルーティンを決めたら死守することが大事

期限内に終わらなかったら見直す

凡人にこそルーティンが必要

一日のルーティンを決めよう

コメント