【基本のき】SEO対策の基本と効果的なポイント

ネットで稼ぐ

SEO対策のための基本のき

ブログやネットショップ、企業や店舗のHPなど、WEBサイトをお持ちの方は必ずと言っていいほど「SEO」について聞いたことがあると思います。

「キーワード選定が大事」や「外部リンクが多いほうがいい」など言われていましたが、Googleの評価基準は変化しています。

現在のSEOに対する重要な項目について解説しました。

学習も大事ですが、効果のある施策を行うことが第一ですので、重要点をさくっと理解してもらえるように要点をしぼりました。


SEO対策の種類とは?

SEO対策は以下の3種類に分類できます。

・内部対策
・外部対策
・コンテンツの充実

 

内部対策

内部対策とはサイトの内部(タグなど)をGoogleのロボットに対して最適化することです。

サイトはHTMLという言語でできています。サイトの構成は「タグ」や「リンク」によってつくられています。

このタグやリンクをGoogleロボットが読みやすいように最適化するとGoogleロボットからの評価が上がる仕組みです。

外部対策

外部対策とは外部のサイトからの被リンクの数や質を上げることです。

Googleロボットは「優良なサイトからのリンクが多いサイト=優良なサイト」という評価をします。

逆に評価の低い悪質なサイトからの被リンクが多かったり、まったく関連性のない内容のサイトからの不自然な被リンクが多いと低評価になってしまいます。

優良なコンテンツの作成

現在のGoogleの評価基準の中で最も重要なのが「優良なコンテンツであるかどうか」です。

「優良なコンテンツ=ユーザーにとって有益なサイト」です。
ユーザーは何かの目的があってネットを利用しているので、ユーザーの目的を果たせることが有益となります。

・○○の方法がわかった
・○○についての情報が得られた
・欲しかった○○が買えた
・内容が面白い、興味深い

などです。

有益なサイトの特徴

ユーザーが有益だと感じている場合、以下のような行動を取ります。

・滞在時間が長くなる
・サイト内を巡回する
・ブックマークする
・SNS等で拡散する

このような行動が計測され数値になり評価の材料になります。

逆に、サイトに訪れてもすぐに出て行くユーザーが多い場合は有益ではないと判断されている証拠ですので改善が必要です。

SEOの裏技的手法は使わないほうが良い理由

数年前はSEO対策の定番としてキーワードの数や被リンクの数が多いことが良しとされていました。

しかし、表面的な対策のみを取ったサイトはユーザーが敬遠し、そういったサイトが検索の上位を締めるようになると、結果としてユーザーのGoogle離れが起きてしまいます。

そうならないためにもGoogleはアルゴリズムを変化させ、ユーザーにとって有益かどうかを的確に判断できるように進化しています。

小手先の手法は通じませんし、逆に悪い評価を受けますので裏技的手法は使わないほうが得策です。

SEO対策とSNS

SEOよりもSNSで拡散・集客する方が効果的だという声も聞きます。

 

【まとめ】1にユーザーファースト、2にGoogle最適化、以上!

SEO対策の基本を解説しましたがいかがでしたでしょうか?

文中でも書いたように、Googleのロボットは進化していて小手先の手法をしっかりと見抜きます。新しい抜け道ができてもすぐに対策を取って通用しますすると思います。

ですので、1にユーザーファースト、2にGoogle最適化をまじめに積み重ねていくことが長い目で見ると効果絶大になるはずです。

コメント