【得意や時間を売って稼ぐ】話題のスキルクラウドについて解説します

ネットで稼ぐ

スキルクラウドとは?

スキルクラウドとは2018年にスタートしたクラウドソーシングサイトです。

自分の特技や時間を自由に価格設定し出品します。どんなジャンルのスキルにどんな付加価値をつけて「魅力的な商品」にできれば大きく稼げる可能性が広がります。

スキルクラウドで出品されているジャンル

現在スキルクラウドで実際に出品されているジャンルをまとめました。

・占い
・ダイエット、美容、ボディメイク
・お手伝い、代行業
・家事、家政婦
・育児、子育て
・介護、日常生活
・ビジネス総合
・WEB広告
・資格、就活
・HP作成
・イラスト、似顔絵
・ライティング
・翻訳、英会話
・サイドビジネス
・趣味、娯楽
・ハンドメイド、クラフト

お手伝い的なものから専門的なものまで幅広いスキルが商品化されています。
どんなスキルがいくらくらいで出品されているか?人気のスキルはどんな内容なのか?を見てみるだけでも面白いです。

 

スキルクラウドの特徴

・会員登録や出品は無料
・売上があった時に販売価格の25%の手数料が発生
・料金の支払いはスキルクラウドを通す(会員同士の金銭のやり取りはNG)
・出品者の売上3000円以上になると振込申請が可能
・1~15日までの申請→同月末に振込
 16~30日までの申請→翌月15日に振込

基本的には他のクラウドソーシングサイトとの差はありません。
特にタイムチケットがサービスの内容として非常に近いです。

始まって間もないサービスなので競合がまだ少ない点がメリットでもありデメリットでもあります。

競合が少ない=会員が少ない=なかなか売れない
競合が少ない=これから増えていく=今のうちに実績を積んで有利にする

上記のように同じ要素でも考え方やとらえ方は逆になります。

 

【まとめ】自分をプロデュースする場として活用してみては?

こういった自分のスキルや時間を自由に商品化して売るというスタイルは今後も増えていくでしょう。

・自分のスキル(特別高度なスキルじゃなくてもOK)を誰に対して売るのか?
・どんな問題を解決してあげられるのか?
・何と何のスキルを組み合わせたら魅力的になるのか?
・自分のスキルの魅力どうやって伝えれば伝わるのか?
   ↓ ↓ ↓
 自分をプロデュースする能力を磨く

ということになります。

自己プロデュース能力が高いか低いかで同じ1時間が500円でしか売れないのか10000円でも売れるのかの差になります

自己プロデュース能力を上げて自分自身の商品価値を上げていく場として活用してみてはいかがでしょうか?

コメント