【戦略と戦術】ビジネス成功に必須なワードをざっくり解説します

思考・観点

ビジネスを進める上で必要不可欠なことの一つに「戦略」と「戦術」がありますが、その本質や違いについて「なんとなくわかる」程度の理解の方は多いのではないでしょうか。

今回はビジネスを成功させるためには必須といわれる「戦略」と「戦術」について解説します。

 

戦略と戦術の違いとは?

戦略とは

「戦略とは、一般的に特定の目的を達成するために長期的視野と複合思考で力や資源を総合的に運用する技術、科学である」

引用:Wikipedia

わかりやすく言うと「進むべき方向性、シナリオ」です。

戦略は目的を達成するために描く全体的なシナリオです。
「成果を出すために何をするのか」または「何を省く(捨てる)のか」といった内容を、総合的な準備・計画・運用の方策を用いて組み立てます。

戦術とは

戦術とは、作戦・戦闘において任務達成のために部隊・物資を効果的に配置・移動して戦闘力を運用する術である

引用:Wikipedia

わかりやすく言うと「手段、オペレーション」です。

戦術は戦略を実現させるための具体的な手段のことです。

 

戦略と戦術の関係性

ここまで読んで頂くと戦略と戦術の関係性が明確になったと思います。

戦略>戦術 になります。

戦略は企業の進むべき方向であり目的=WHATです。
戦術は目的達成のための手段=HOW TOです。

戦略のために戦術を用いるという関係性です。

戦略と戦術の立て方とコツ

戦略を立てる際のポイントは3つ。

・戦略→戦術の順序で立てる
・現状を正しく把握する
・目的を意識して戦術を立てる

 

戦略→戦術の順序で立てる

戦術は目的を達成させるために立てた戦略を実現する手段です。あくまでも戦略ありきで戦術を立てます。

現状を正しく把握する

現状を正しく把握していないと最適な戦略を立てることは不可能です。思い込みや曖昧、不確かな数字ではなく正確な情報を収集しましょう。

目的を意識して戦術を立てる

戦術は戦略ありきですが、そもそも戦略を立てる目的があるはずです。目的を常に意識して的確な戦術を立てて下さい。

【まとめ】戦略がない=丸腰で戦場に行くようなもの

物事の全体像を見るのが苦手な人は特にできることから・わかることから行動を起こそうとします。

簡単な事柄ならばそれでも目的達成することはありますが、長期的な計画や複数の要因が絡み合うような事柄ならばそうはいきません。

ビジネスにおいて長期の計画が杜撰であることは致命的です。

戦略がないというのは丸腰で戦場に行くようなものです。身を守る事も相手を攻める事もできませんし、地の利を活かすこともできません。

そんな即死確定の危険な行動は今すぐやめて戦略を立てまくりましょう。

 

 

コメント