【話題のビジネスモデル】サブスクリプションとは?

ネットで稼ぐ

【サブスク基礎知識】サブスクとは?

サブスクとはサブスクリプションの略です。
サブスクリプションとは、

英語の「サブスクリプション」(英語subscription)には雑誌の「予約購読」「年間購読」の意味がある[1]。そこから転じて「有限期間の使用許可」の意味となった[1]

サブスクリプション方式はビジネスモデルの1つ。利用者はモノを買い取るのではなく、モノの利用権を借りて利用した期間に応じて料金を支払う方式。コンピュータのソフトウェアの利用形態として採用されることも多い。

引用:Wikipedia

ざっくり言うと、定額制でいろいろなサービスが受けられることです。

 

サブスクのメリット・デメリットは?

サブスクのメリット
・安定した売上の確保
  →月単位・年単位での契約のため安定した売上が確保できる
・新規顧客を獲得しやすい
  →購入するよりも支払う金額が少額なので新規顧客が契約するハードルが低い
・顧客との接点が増える
  →「定額で使い放題」が基本なので利用頻度が多いほどお得になり、利用回数が増えることで顧客との接点が増える
・データ収集が可能
  →利用者のデータが収集できるのでマーケティングに活用できる
・プラットフォーム化が可能
  →多数の商品を扱う場合はぷラットフォーム化させることで商品を提供する企業から広告収入が得られる

デメリット
・初期コスト
  →使い放題として提供できるだけの商品の確保や、定額分からオーバーした分の補填等のコストがかかる
・ブランド価値に影響する可能性
  →少額で気軽に利用できる反面、ブランド価値が保てなくなる可能性がある
・飽きられたら終わり
  →利用者が飽きる=解約になるので常に新しい価値を提供する必要がある

サブスクでサービスを提供する最大のメリットは新規顧客の獲得ではないでしょうか。そしてデータを活用してマーケティングに活かし、新たな企画を打ち出して利用者を獲得していくことが目的です。

 

いろいろな企業のサブスクリプション例

現在はさまざまな業種がサブスク方式のサービスを展開しています。
有名なものから変り種のものまでまとめました。

サブスクと言えばこれ!の有名どころ

・音楽配信:Spotify
・映像配信:NETFLIX
説明の必要もないと思いますので省略します。

高級品をサブスクでかしこく利用

高級家具:サブスクライフ(subsclife)

・人気ブランドの家具でライフスタイルに合わせた家具セットをコーディネートして提供。
・月額500円~
・3~24ヶ月の利用期間を選択できる

高級車:レクサスもベンツもBMWもサブスクスタート

・トヨタ:レクサス限定の「キントレント」開始
・メルセデス:約30種類のモデルから価格帯によって乗り換え自由のサービス
・BMW:BMWとMINIの新車に乗れるサービスを開始

飲食業界もサブスクを導入

フレンチ:Provision(プロヴィジョン)

・月3万円で高級フレンチが食べ放題
・会員からの紹介制

ビール:キリン「ホームタップ」

・家庭で新鮮な生ビールが飲めるビアサーバーの月額課金
・月額7500円
・申し込みが殺到し一時新規の会員募集を休止していたが19年1月より再開

 

サブスクで販売部門の売上が下がるのでは?という懸念

少額で試せるので新規顧客を獲得するには大変効果的なサブスク方式ですが、それを導入してしまうと「販売」分の売上が下がってしまうのではないか?という懸念が生まれます。

影響がないとは言えませんが、さまざまな企業の導入例をリサーチしてみると以外にも良い影響の方が多いようです。

バイクを例に出すと、便利だから利用する→乗っているバイクが気に入る→欲しくなって購入となったり、始めから購入の意思があり複数の車種で迷っている場合にサブスクで試してから決断するなどの利用目的があり、実際に販売部門の売上が向上した例もあります。

特に顧客離れが進んでいるジャンルなどは新規獲得の間口が広くできますので、まずは試してもらう・良さを知ってもらう事が可能になります。

 

 

 

コメント