【YouTubeで収益化】YouTubeに動画を投稿するときに適した画像サイズは?

ネットで稼ぐ

YouTubeに最適な動画のサイズとは?最適な縦横比、解像度はどうすれば良い?

動画編集する目的は様々ですが、収益化するためにYouTubeを始めてみようと考える方も多いと思います。
特に当ブログでは「ネットで稼ぐ」ことに焦点を置いているので、動画=稼ぐために重要なコンテンツという考えです。

収益化を目指すのであれば動画のジャンルやクオリティは勿論なのですが、大前提として見やすいサイズ(大きさ・縦横比・解像度)である事が求められます。

動画が小さすぎる!重すぎる!ではせっかく内容が面白かったとしてもユーザーから離脱される可能性が高まります。

今回はYouTubeに最適な動画のサイズについて解説します。

YouTube推奨アップロードサイズ(解像度)

「動画の解像度=動画の画質」です。
YouTubeが推奨する動画のサイズは以下の通りです。

・2160p: 3840×2160
・1440p: 2560×1440
・1080p: 1920×1080
・720p: 1280×720
・480p: 854×480
・360p: 640×360
・240p: 426×240

解像度の大きさが動画の画質を決める

サイズが大きい=画質がきれいとなるわけですが、サイズが大きすぎると編集する際にスペックの高いPCじゃないと処理できなかったり、再生時に動作が重たくなってしまうというデメリットがあります。

逆にサイズが小さすぎると画質が粗く表示上も小さいため見にくい動画になってしまいます。

YouTubeアップロードに最適なサイズは 1280×720

画質やPCの動作を考慮するとYouTubeに動画をアップロードするのに適したサイズは
・1080p: 1920×1080
・720p: 1280×720
です。

720p以上の解像度があればHD高画質で動画をアップロードすることができます

どうしても4K動画を制作してYouTubeにアップしたい!という目的でなければ、高画質で比較的サイズが小さい720p(1280×720)をおすすめします。

YouTubeに最適な縦横比=アスペクト比

動画の縦横比のことをアスペクト比といいますが、YouTubeではPC向けのアスペクト比が16:9になっています。
この比率以外の動画を投稿することは可能ですが、その場合、再生される際に上下または左右の余白部分に黒い帯が表示されます。

動画の再生や視聴に問題はないのですが、ユーザー側からすると「質が落ちる」という印象を与えてしまいます。

特別な理由がない限りは動画編集する際にアスペクト比を16:9に設定することをおすすめします。

【まとめ】見やすい動画にするのは最低限のマナー

動画のジャンルや内容云々の前に、見る人(ユーザー)にとって見やすい動画を作るというのは最低限のマナーのようなものです。

見やすい=
・画面にきちんと収まったサイズ(縦横比)
・画質がきれい(高解像度)
・再生がスムーズ(動作が軽い)

上記の点は内容の面白い・面白くないに関係なく最初に設定することで解決できることです。

「画面に余白(黒帯)が入っていてもそんなに気にする人なんていないでしょ」と思う方もいるかもしれませんし、確かに「この動画余白(黒帯)がある!もう見ない!低評価!」となるユーザーはいません。

ですが、事前に設定で解消できる簡単なことを無視する人に、多くの他人が興味を持つ面白い動画を作れるとも思えません。

ユーザー目線で評価される動画をどんどんアップロードして収益化を目指しましょう!

コメント